wasabi

先日行った寿司店の職人さんに面白いことを教えていただきました。

山葵(わさび)には大きく3つの種類があるのだそうです。

 

一つは「西洋わさび」。「わさび大根」や「ホースラディッシュ」とも称されます。

この「西洋わさび」と区別して、日本で栽培される「わさび」が「本わさび」。

 

二つ目は「本わさび」のうちの一つの分類「実生系(みしょう)」。生育が比較的早く1年ほどで収穫できます。

三つ目が「本わさび」のもう一つの分類である「真妻系(まずま)」。こちらは成長に「実生系(みしょう)」の2倍ほどかかります。

 

わさびの最高級品種といわれるのは、この「真妻系(まずま)」。

じっくりと時間をかけて育つから、わさびならではの「辛さ」に「甘さ」と「粘り」がそろって、とびきりの良い風味になるのだそうです。

 

この最高級わさびを目の細かいおろし器で丁寧にすりおろします。

そうすると、ほどよく滑らかで甘味があって、何とも言えない上品な味わいに。
そのまま舐めても全然大丈夫。一度味わうとクセになってしまいそうです。

 

わさびの旬は通年ですが、冬季にとれるわさびは辛味がキリっと引き立っているのが特徴です。

「旬」を旅しよう! Have Fun !